【車酔いする!?】 ハムスターの車移動で気をつけること。

【車酔いする!?】 ハムスターの車移動で気をつけること。

皆さんこんにちは、こんばんは。

ブログの更新が日が空いてしまい申し訳ありませんでした。
年末になってきましたね。そろそろ里帰りの準備をし始める頃ではないでしょうか?
実家の親から新しい車を買ったとこの前連絡がありました。年始にみんなで一緒に買い物に行こうと言われたので 楽しみですが、 私とても車酔いしやすく、特に新車の匂いは苦手で、、、
年始から覚悟をしていかないとなぁと思っております。

ところでハムスターは車酔いするのでしょうか?気になったので調べてみました。

ハ結論からいくとハムスターは車酔いはしないとも言われています。
それは、三半規管がそこまで発達していないからです。

しかし、もちろん個体差はあり、中には酔いやすいハムスターもいるそうです。

なので、車に乗せる時は、以下のことに注意する必要があります!

  1. 段ボールにケージごと入れてあげる段ボールに入れることで、車の振動や揺れを軽減できます。
  2. 適温に保つ:常に20~23℃の適温にしてあげましょう。
  3. 敷材を多めに入れる:移動すること自体ストレスになっている状態なので、敷材を多めに入れてハムスターが潜り込んで安心できるようにしましょう。
  4. 回し車や給水ボトルを外す: 車の振動で外れてしまい、それがハムスターに当たると怪我につながります。必ず外しておきましょう。
  5. 水分の多い食料を多めに入れる: 給水ボトルを外しているので、水分は餌から取らないといけなくなります。そのため、キャベツなどの水分の多いものを入れてあげましょう。
  6. なるべく暗くする: ハムスターは日光が苦手なので、必ずゲージは毛布などで覆ってあげて光を通さないようにしてあげましょう。
これさえ守れれば、車には乗せて良いとのことです!
ただ大前提環境が大きく変わる事は、ハムスターにとってストレスになるので、そこだけは気をつけましょう。
ブログに戻る